狭いスペースを有効活用する

狭いスペースを有効活用する

庭のある広々とした家に住みたいという願望はあるものの現実は厳しく、
狭い土地に家を建てるケースが多く見られます。
本当はもっと広いリビングが欲しい、緑あふれる広い庭が欲しいけれど、
家や庭にまで十分なスペースを取ることが難しいのです。
ウッドデッキによってリビングを広く見せることと、庭のように活用することが可能になります。

 

都心部などは土地が狭く家も三階建にしたり、
空間スペースを上手く活用することで居住スペースを確保しており、
庭を作るのさえ難しいというのが現状です。
また都心は住宅やオフィスビル、お店などがひしめき合って建設されているため、
木々などの自然が少ないことに寂しさを感じる方も少なくありません。
自然は疲れた心を癒してくれますし、
マイナスイオンを発してくれますのでストレス過多な現代人には欠かせない存在です。
土地いっぱいに建物を建てることも可能ですが、
あまりにも隣近所との距離が近すぎてしまうと騒音問題やプライバシーが侵害されやすいといった問題が出てきます。
そこで土地にある程度余裕を持たせて住宅を建設し、空いた部分にウッドデッキを設けるのです。

 

リビングと続けてウッドデッキを設けることによって、
窓を開けるとリビングがとても広くなったように感じます。
またウッドデッキに植樹スペースを設けて植林をすることも可能です。
プランターなどを置いて緑や花を増やすこともできるのですが、
プランターなどを置きすぎるとウッドデッキのスペースが狭くなります。
植樹するとある程度の高さまで木が育つので緑を楽しめるだけでなく隣近所からの目隠しにもなります。